健康を守るためにメタボリックシンドロームを解消しよう!

メタボリックシンドロームを定義する

ことばの定義よりもリスクや症状について知ることのほうが重要であるとは思いますが、そうはいっても、どういった状況を指してメタボリックシンドロームと呼ぶのかがわからなければ本末転倒です。症候群とはいっても、メタボリックシンドロームはすでに明確に定義されている症候群なので、ここで改めてしっかりと定義しておきましょう。

メタボリックシンドロームは、まずはウエストが、

男性85cm以上、女性90cm以上

であることが前提となります。この条件に当てはまらない人(つまり、ウエストが男性で85cm未満、女性で90cm未満の人)は、メタボリックシンドロームの候補には入りません。

上記のウエストの条件に加え、以下の①~③のうち2項目以上が当てはまる人が、残念ながらメタボリックシンドロームに該当します。

  1. トリグリセライド(中性脂肪)150mg/dL以上、HDLコレステロール(善玉コレステロール)40mg/dL未満の少なくとも一方
  2. 上の血圧(収縮期血圧)130mmHg以上、下の血圧(拡張期血圧)85mmHg以上の少なくとも一方
  3. グルコース(空腹時血糖)110 mg/dL以上

メタボリックシンドロームを発症している人は、健康を害するリスクが高いと考えられますので、改善策を考えていただきたいと思います。

なぜウエストが基準になっているのかを考察する

上記のメタボリックシンドロームの定義を見ると、ひとつ不思議な点があります。それは、ウエストを基準としてそこに付加的な条件を加味してメタボリックシンドロームを定義しているという部分です。

素人目からすると、そんな面倒なことをせずに、①ウエスト、②脂質代謝、③血圧、④血糖値のうち3項目以上としてしまえばいいではないか、などとも正直思えます。実際医療機関によってはそのように解釈しているところもあります。

しかし定義は定義なので、少し厳密を要する部分ではあります。なぜウエストが前提になっているのか・・・つまりは、その人が肥満であるかどうかをまずは分類していると解釈できます。

肥満を前提とした高血圧、脂質異常、高血糖であれば、ある意味セットのようなものなので、これをまとめてメタボリックシンドロームとして注意喚起をすれば、確かに効果的でしょう。

しかし肥満でもないのに高血圧だったり脂質異常があったり、あるいは高血糖だったりしたら、これは何らかの原因が隠されているのではないか、という疑いの目を向けることができます。

ウエストをメタボの前提とすることで、このようなメリットが生じるのです。